新着情報

愛知県においてもコロナウイルス感染拡大が悪化しており、感染防止のため当院においても以下の対策を行います。

 

1.待合室の混雑を減らすため、診察の順番がくるまではできるだけお車でお待ちください。

受付に順番表を用意しましたので、来院されましたらお名前、お車の情報を記入し、車内でお待ちください。順番になりましたらお呼びします。

2.マスクの着用を徹底します。

当院のスタッフは全員マスクを着用します。飼い主様もマスクをお持ちの場合はマスクの着用をお願いします。

3.予約診療を行います。

混雑時の来院を避けたい飼い主様は予約診療をご利用ください。日曜日の午前は予約診療を行っており、EPARKのサイトもしくはお電話にて予約可能です。日曜日以外は予約診療を基本的に行っていませんが、どうしても他の曜日を希望される場合はお電話にてお問合せください。

 

以上、今後の状況の変化により、随時臨機応変に対応していきます。飼い主様にはなるべくご迷惑をおかけしないよう努力しますが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いします。皆さん助け合ってこのつらい時期を乗り越えましょう!

愛北動物病院院長 藤井 豊

2020年4月10日更新

こんにちは。

愛北動物病院の院長、藤井です。

ゴールデンウイーク中の診察時間をお知らせします。

4/29(水)午前のみ診察、午後休診

4/30(木)、5/1(金)、5/2(土)午前、午後共に診察

5/3(日)午前のみ診察、午後休診

5/4(月)、5/5(火)終日休診

5/6(水)午前のみ診察、午後休診

となります。なお、緊急対応や継続治療の飼い主様はいつもどおり対応いたします。よろしくお願いします。

 

2020年4月8日更新

こんばんは。愛北動物病院院長の藤井です。

獣医の耳科疾患の研究会出席のため、12月15日(日)は臨時休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。

 

2019年12月10日更新

こんにちは。

愛北動物病院院長の藤井です。

誠に勝手ながら、10月20日(日)は私用のため、完全に終日休診とさせていただきます。

時間帯によっては急患対応も困難となるため、緊急の場合は岐阜市西川手の夜間救急動物病院(TEL058-242-9915)や名古屋市中区の夜間動物緊急診療所(TEL052-263-9911)など休日でも診療を行っている動物病院を事前電話連絡の上、受診ください。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。

2019年10月15日更新

おはようございます。

愛北動物病院院長の藤井です。

本日10月12日は台風の接近による暴風雨のため、午後の診察は臨時休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2019年10月12日更新

こんにちは!

愛北動物病院院長の藤井です。

突然ですが8/8~8/12の間、院内の改装工事を行います

特に8/8,9は大きな音が出るため、音に敏感な猫ちゃんなどは来院を避けていただくか、来院時間をお電話でご相談ください。ご迷惑をおかけしますが、飼い主様によりよいサービスを提供させていただくため、ご理解のほどお願いいたします。

2019年8月8日更新

こんにちは。

愛北動物病院の院長、藤井です。

8月のお盆期間の診察時間の変更をお知らせします。

8/11(日)、8/12(月)は終日休診

8/13(火)~8/15(木)は午後のみ休診(午前中は診察しております。)

8/16(金)からは通常どおりの診察となります。

なお、緊急の場合は時間外でも可能な限り対応いたしますので、留守番電話に電話番号、メッセージの録音をお願いします。

2019年7月30日更新

クレジットカードでのお支払いが可能となりました!

ご利用可能カードは

VISA,Mastercard,JCB,AMERICAN EXPRESS,Diners Club,DISCOVER

です。フードや予防薬の購入などでもお気軽にご利用ください♪

 

 

愛知県江南市 愛北動物病院

2019年7月3日更新

平成31年3月より愛北動物病院を引き継ぎました獣医師の藤井豊と申します。

私は卒業後関西や名古屋を中心に小動物臨床に携わってきました。

 

これまで獣医師として働いてきて今私が思うことは、人それぞれ動物との関わり方は違うということです。飼い主様のライフスタイルが多様化している中、どういう風に飼うか、また病気になった時にどのような治療を選択するかもまた様々です。そこに「こうやって飼うことが一番である」というような解答はなく、飼い主様と私が話し合って、それぞれの正解を探していくものだと思います。

 

私が思う理想の医療というのは飼っていた動物さんが最期を迎えた時に「この子と一緒にいられて良かったな」と思ってもらえることです。そのためにこれから様々な新しい試みを積極的に行ってまいります。

 

また私の考える動物病院とは病気や予防の時だけ来る場所ではありません、散歩のついでに寄ってみたり、普段の飼い方や動物の行動など疑問に思っていることをただ興味本位で聞くだけでもいいんです。そうやって普段からの信頼関係を築いていくことが動物を飼う楽しさを増やしたり、もし病気になった時の治療の相談をスムーズに行うことに繋がっていくと思っています。

 

「動物と一緒に暮らすことがもっと楽しいと思えるようになる場所」そして「いざという時は頼れるホームドクター」でありたいと思います。

 

院長としてはまだまだ新人の私ですが、前院長の想いも継いで、精一杯頑張ってまいりますので、愛北動物病院をこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

2019年3月1日更新